「ビストロやまごや」でランチ

BEFORE LUNCH ※ランチには関係ありません

起き抜けに、前の夜読みかけた雑誌をベッドの中で読み耽ることができる、

日曜の朝はどこまでも会社員にやさしいと言えましょう。

今日は靴下をはきたい…!という誘惑に駆られ、コーディネートに失敗した私は、

それでも空腹を優先し、ランチの新規開拓に乗り出すことにしました。

ありますよね、靴下をはきたい誘惑。

足、特に夏の間紫外線にさらし続けた足の甲が覆われているという安心感。

しかしながら、まあ、ブーツは置いておくとして、

大人のファッションとしてうまく機能した試しがありません。

 

話題が逸れました。

大阪に引っ越して早半年、

遅ればせながら「おひとりさまランチ」(時にディナー)という課題を掲げて、

新規開拓に勤しみたいと思います。

食べログでも見ればいくらでもお店は見つかるのですが、

クチコミ投稿者の多くは当然ながらごはんが好きで、挑戦意欲があって、

何なら店主とのコミュニケーション能力もあって、

結構、こなれた方が多いとお見受けします。

一方私はと言えば、美味しいのも大事だけれど、

入りやすい外観で(中が見えるとグッド)、

店内は清潔で適度に広くて(狭いと居づらい)、

一人で頼みやすいメニューで、

できれば他にもお一人様がいてほしくて、

お店の人に話しかけやすいけど構われるのは避けたいという、

これを人に例えるなら相当出来た人か都合のいい人と言わざるを得ない条件を、

しかも感覚的に察知したい、と思っているような人間です。

つまりひとりごはん慣れしてないのです。ひとり暮らし14年目なのに…!

 

なので、食べログで目を付けた何件かを頭の中にインプットして、

実際に店を見ながら雰囲気で決めようということになりました。

とは言え、日曜はそもそもやってないお店が多い。

そろそろお腹が限界な頃、

リーズナブルで、カウンターが見えたビストロを見つけて入る事にしました。

 

LUNCH

ビストロやまごや、というお店です。

テーブルとカウンターで10人強くらいと小ぢんまりしていて、まだ新しそう。

メニューはランチのみで3種類。

ハンバーグ、さんまのコンフィ、鶏のBBQ風だったかな。

それぞれライス、サラダ、スープ付きで800円。

秋だしさんまでしょ!とコンフィを注文し、

値段安いけど商店街の近くだしそんなもんかな、と思って待つこと数分。

 

f:id:ryoko-m:20150830221047j:plain

 

サラダの盛りがよすぎ。

というかこれはサラダ…?前菜の盛り合わせサラダ添えでは…?

キャロットラぺにソーセージ、粗挽きなポテトサラダに

キノコのテリーヌっぽいのに鶏モモのハムが乗っかってます。

一口食べてものすごーーくビールが飲みたくなりました。

 

この前にスープも出てきたんですが、こちらは細かい根菜が入った

トマトベースのスープで、美味しいんですが予想外ではない。

その分、この前菜への驚きを禁じ得ません。

 

こりゃ当たりだーひゃっほー、と心の中で叫びつつ、箸が進みます。

ああビールが欲しい…全体的に塩気が効いててつまみっぽい味なのです…

(たぶん頼めばあったのかもしれません)

 

お店はシェフが切り盛りしていて、お皿を出すのも下げるのもシェフ一人。

サラダを食べ終わらないうちに、さんまも出てきました。

 

f:id:ryoko-m:20150830221629j:plain

 

このさんま定食のようにラフに盛られたコンフィが、旨い。

最初は普通のサンマのように骨を分けながら食べていたんですが、

ふと気づいて骨をつまむとほろっと。

あそっか、コンフィだから骨ごとね!骨ごといけるアレね!

とこちらも心の中で声を上げて、魚を食べるのが下手くそな私にしては

珍しいくらい、綺麗に食べきることができました。

 

東京で10年くらいランチを食べていた人間の感覚からすると、

もうちょっと盛り付けが凝っていれば、1800円と言っても十分通じるでしょう。

800円は安い。驚異のコストパフォーマンス。

これが食い倒れの街大阪の実力…?

ともあれ、予想外に大量の野菜とカルシウムを摂取できて大満足しました。

いつまでランチが続くのかちょっと不安ですが、また行きたいと思います。

 

f:id:ryoko-m:20150830223003j:plain

 

~DATA~

ビストロ やまごや

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27082798/

 

広告を非表示にする