センチュリオンホテル キャビンタワー(赤坂)に泊まってみた

先日の東京訪問、1日目はカプセルホテルに泊まりました。最近ブームなんです。赤坂で、一泊3000円とな…?!という驚きのままほぼ何も考えずぽちっと予約。綺麗そうな外観だし、駅からも近くてアクセス至便だし、うーん私騙されてるのか?と勘ぐりながら訪問。

カプセルホテルって外国の人に人気があるらしいですね。一説には、わざわざ普通のホテルをキャンセルしてでも泊まりたがるんだとか。そんなビジネスチャンスを見込んだのか、センチュリオンホテル、完全に日本人無視してます。いいのよ、我々は安く泊まれさえすれば。外国の方はお客様ですからね。やっぱりクールジャパン的サムシングでおもてなししないとね。うんうん。

っていう感じの客室!

f:id:ryoko-m:20160226010151j:plain

http://www.centurion-hotel.com/residential/cabin_rooms/

花魁っぽい、和モダンっぽい、クールジャパンっぽい演出。行燈っぽい電灯。でも襖っぽい引き戸の個室が二段に並んでいる様子は、どちらかというと押入れっぽいのではないでしょうか。わたくし純日本人としてはそう思います。気分はドラえもんです。

1フロアに20部屋くらいでしょうか。洗面所は3つ、シャワールームは2つで23~24時の時点では結構混んでました。外でお風呂に入ってくる方が時間短縮はできそうです。あとそもそもこのホテルにはスパ施設およびスパ付きカプセルプラン的なのもあるらしく、とにかく安く泊まりたいとかでなければ、そっちを利用するのもありですね。スパのみだと1500~2000円くらいで利用できて、風呂付カプセルは5500円でした。

入ってすぐに部屋ごとに対応したロッカーがあり、荷物はそちらにしまえます。が、着替えたりメイクしたりするのに、部屋と荷物が離れてるのが結構不便で、大体片付くまで部屋の脇に置いてあれこれ出し入れしつつ、寝る準備ができたら荷物をしまうっていう感じでした。

部屋はほぼベッドのみです。貴重品入れの小さいのがついてます。充電器はマルチ端末対応で便利。とっても乾燥してて暑かったんですが、通風穴のようなものが天井についていて、風量を調整することで多少涼しくできます。とはいえ、押入れの中でほのかに21世紀(猫型ロボット的なね)を感じつつ、もー眠いしぐっすり。あ、ドアは襖なので基本外の音は聞こえます。カプセルですから、どうぞお気になさらず。

翌朝。宿泊客はドリンクフリーだというラウンジでコーヒーを一杯。あれ、確かここって…赤坂?と不安になるくらい赤坂感(そんなものがあるとしてですが)のないラウンジ。客層は、外国人多数。名前は、サムライラウンジとな…まっとうなジャパニーズだとなかなか入りにくい名称をつけてきましたね。

その名に恥じず(?)店内にはなぜか、鎧が、あるのですよ…ご希望の方は、鎧を着て撮影してもいいのですよ…おお、すげえ、クールジャパン。

f:id:ryoko-m:20160226012325j:plain

http://samurai-lounge.com/index.html

客室にいた人の国籍は日本人半分、外国人半分くらいでしょうか。外国人がほぼアジア系(おそらく韓国とか台湾とか中国)だったので、ぱっと見はあまり国際感なかったです。ちなみに外国人客が多くて英語対応が多いからだと思いますが、フロントも外国の方でした。アメリカでサブウェイに入った時に、レジ係がヒスパニック系の人で英語がブロークンすぎて、英語力の乏しい私はさっぱり分からず、外国の中でさらに外国に入り込んだ気持ちになった記憶がかすかに蘇りました。とはいえ、スタッフの方は日本語も英語も上手でしたよ。

確かに赤坂のホテルに泊まったはずなんですが、ちょっと異次元に瞬間移動して戻ってきたような気分になる、赤坂の中にピンポイントで存在する外国みたいなカプセルホテルでした。

www.centurion-hotel.com

 

参考までに:前回泊まったのはファーストキャビン

somethingatsecondhand.hatenablog.jp

広告を非表示にする