読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ「タラレバ娘」第一話を見た

漫画のドラマ化に過剰な期待をしないように、そっと見ました、第一話。もはやアラウンドでもないサーティの私の心の支えのような、戒めのようなポジションを築きつつある「タラレバ娘」です。このマンガ、読んでもダメージ食らうのに読んじゃう。巻末の相談コーナーなんて特にひどい。人にこれほどダメージを与えておいて、最後はフィクションらしく安易なハッピーエンドなんかにされたら…恨みます。こうなったからには、死なばもろともやで、あんた…!(この辺りのマインドセットが我ながら東村作品向きと思う)

 

で、ドラマでした。納得いかないことがあるんですよ。まずは、主人公が30歳。オリンピックの年には、33歳。さすがにオリンピックの頃までには結婚してるわよ…さもなくば、独りオリンピック…!と青ざめるシーンが何度か出てくるんですけど、いやもう私33歳だから。この漫画のいいところは、スタートが33歳ってとこだから!と現場からお伝えしたい。30歳は20代の延長線上、焦りはあるけどまだ綺麗。20代の記憶を引きずって生きていける歳です(これが後々の手遅れを招くのですが…あー、あのとき気づいてい“たら”!)。

絶対、33歳からの3年間のが重々しいはず。これからだから知らんけどたぶんそのはず。ドラマの主人公を未来の自分が今の自分に頑張れっていうような気分で見てしまって、すでにちょっと悲しい。私はこれをポストタラレバ娘の立場で見なきゃいけないのかしら。

 

もひとつ。人生の主人公は自分だと思ってた、つまりいつかはいい人が現れてハッピーエンドになるっていう思い込みが崩されるのも大事な要素なんですけど、吉高由里子、かわえぇ…!主役やあんた、間違いない。榮倉奈々、モテそう…!まぁ、テレビで可愛くない人見るのもつまんないですけど…なんか、みんなかわいいなぁって、思って…うう。しかし鈴木亮平をキャスティングすると、花子とアン感が強烈で、ついでに坂口健太郎登場でとと姉ちゃんも混じってしまい、ややこしい。“ブレイクしそうな芸能人を押さえるには朝ドラと大河で大体オッケー”説、私は信じてます。単に色々見るの面倒くさいだけですが。

という訳でちょっぴり納得いかないドラマ化ですが、坂口さん好きなので時間が合えばまた見ようかな。

 

さて、こんなことをブログで書かないといけないくらい、今や私の周りには未婚が減ってしまいました。もう第4出動はできません。いたら絶対してるなぁ怖いなぁ。独りオリンピックも、半ば覚悟しております。しかしながら、いろんな意味でひとりぼっちの境遇をあえて前向きに捉え(婚活に専念できる等)、フィクションの力を借りてでも、不肖33歳、そろそろバッターボックスに立たねばなりません。

※ドラマ見てたら、例えじゃなく普通にバッティングセンター行きたくなりました。あれ楽しそう!

広告を非表示にする