すべてはホルモンのせい。

タラレバ娘の最新刊を読んで、ああ第四出動したい、けどするメンバーがいない、というこの状況をありがたいと思わなければならない、なぜなら頻繁な女子会こそが結婚の敵…!というところまで一巡して、そっと単行本を置きました。本編よりつらいタラレbarはまさかの同い年推しで、女子会を繰り返してロクなことになってない広島の5人組が羨ましくも怖い。死なばもろとも感が、なんかずどんと腹に来る感じ。

毎日もだえもだえ勉強してます。飽きると(すぐ飽きる)ぼんやり考え事をしてしまって、今できないことが強烈にしたくなる。テレビはいかんと思って消したその手で開いた雑誌を気づけば立ったまま熟読。そんなトラップ満載の自宅にはなるべく帰らず、もっぱら、駅ナカドトールのお世話になっております。

何その資格と言われ、何の役に立つのと言われ、あんた何したいのとか言われたりしていますが、それら諸々について考える時間は過ぎてしまいました、よって答える義務はありません、悪しからず。今はひたすら4択問題を解くのみ。経済学と財務を理解することは放棄しました。要は答えが合えばいいのよ。

ただ、ふと心が離れたときに、本当に私は何がしたいんだろうねぇと自分でもよくわからなくなるときがあり、こうやって勉強している間にあれもできるこれもできる、その方がよかったんじゃないのと、悪魔的なやつがささやきます。私の可能性など今やスキマ家具の幅くらいしかないでしょうが、しかし隙間の可能性を考えすぎると今を駄目にする。今私がやるべきことは、ズバリ問2を終わらせて問3をやることです。未来のあった学生の頃の方が、スキマに集中する能力は高かった気がしますね。

これは勉強中に限ったことではないですが、集中力だけでなく、感情もたいてい言うことを聞きません。無性にイライラしたり、意味もなく悲しかったり、何でもできるような気がしたり、反対にもう何ひとつやる気がしなかったり。毎日どころか毎時右往左往しています。そういうとき、私は基本的にすべてをホルモンバランスのせいにします。生理周期を調べると、女の人が機嫌よくいられるのは生理後の1週間だけで、あとは不安定かイライラかぼーっとしてるからしい。体の言いなりになっていたらまじで使えないレベルです。そりゃないよ。年換算したら3ヶ月しか調子のいいときがないじゃないか。

私はこの事実?傾向?を知って以来、端からは毎日普通に働いている私をエライと思うようになり、自分の感情の触れ幅について、意味が分かろうが分からなかろうが、ホルモンのせいにすることにしました。体の言いなり上等。

自分を今に集中させること、理由のない不機嫌と不安と悲しみをホルモンのせいにすること。結局、ひとの個性など表面的なもので、生き物としての自分を操縦することに終始するのだなぁと、この頃、思います。

あなたのことはそれほど、が三人くらい。

若くもなければ可愛げもなく、お洒落でもなければお金もない。そんな私の前に降ってわいた出会いの話。

その人のことは、まだよく知りません。これからかなぁと、思ってます。強く主張するタイプの人ではないですが、以前から存在は知っていました。

「恥ずかしながら、あなたのことは、あまりよく知らなかったんです。」

「そうかなぁと、思ってました。近くにいたのは、ご存知でした?」

「いたことは。でも少しとっつきにくそうで…」

「はは、よく言われます。それで、感想は?」

「正直、まだよく分からないです。でも見た目ほど複雑じゃないみたい。」

「知ってもらえたら、仲良くなれるんですけどね。壁を作っているつもりは、ないんだけど…」

「あの、私、あなたのことを、もう少し知りたいと思ってます。」

「どうして」

「もっと、自分を広げたいっていうか…ほんとは、前から知りたいと思ってたっていうか…」

「……」

「今さらだって、分かってます。こんなこと今から言って間に合うのかって。でも、一度気づいたからには、やっぱりもっと深く知らないといけないんじゃないか、いや、もっと深く知りたいんです、あなたのこと」

「…うれしいな。でも、無理しなくていいからね」

「大丈夫です。きっと、うまくいく気がします。」

彼は微笑みますが、まだ心を許した様子はありません。かくいう私にとっても少しハードルの高い相手。言葉が上滑っていないか、気になります。

今、こういう感じでお付き合いをしている人が、三人くらいいます。

日々、お付き合いをさせていただいております。

なんかもう、嫌ってくらいやってるつもりです。

難攻不落の彼らの名前は、

財務会計

「経済学・経済政策」

「経営法務」と言います。

「運営システム」もよく分かりません。正直今のところ行けそうなのは「経営理論」くらい。

テストまであともう2ヶ月ちょっと。恋愛に例えたらかように絶望的なのですけど、果たして私の魅力、もとい、努力で彼らをゲットすることができるのか。乞うご期待、とか言わないとやってられません。ちょっとやけくそ気味です、はい。

GW=がんばろうわたし

神も仏も黄金週間もあったものではなく、私は日々試験勉強をしております。やらされてるんじゃない、自らやってるんだ!と言い聞かせてはいますが、何でこんな大変なこと始めちゃったかな、とぼやきが止まりません。でも、間に合わない。このままだと確実に試験に間に合わないことだけは分かる。この私に残された試験勘(?)だけを信じて、とりあえず焦ります。

ちなみにチャレンジしているのは中小企業診断士。特に独占業務はないですが、一応国が認定する経営コンサルの資格です。なんでまたそんな資格を、と言われると話が長くなってしまい…愛と欲望と勇気と打算が入り交じった話になるので、まぁ取ろうと思ったということで。

そもそも動き出しが遅かったので、受けられるのが資格学校の詰め込み式の速習コースしかなく、冒頭のような修羅場にいたっています。うう休日なのに肩こりつらいよう。

さて、私が勉強しまくっている間、実家には姪っ子たちが遊びに来ています。本当は帰省して一緒に遊びたい、けど今年は我慢、我慢。実家にその旨電話したところ、母は残念がりながらももう孫達に手いっぱいの様子で「せっかくのゴールデンウィークなんだから、あの子達をどこかに遊びにつれていかなきゃ」と張り切っていました。

ここまではフツーの話なんですが、電話を切ったあと妙な違和感を感じて、よくよく考えたら…「ゴールデンウィークだからって理由で私たち姉弟は遊びにつれてってもらったことがない」ということに気づきました。うちは自営業で、基本的に土日も祝日も関係ありません。そう言うものだと思って育ち、繁忙期が長期休みに重なることから、遠くへ遊びにいけないのは当然。だと思ってました。

それが今や、「せっかくのゴールデンウィーク」ですと…?さすがに時効ですし(時効はたしか20年←早速知識を使ってみる)、さすがに大人げないのでもう言わないですけど、私の中の子どもがもやもやしているようなので、つい書いてしまいました。

私にとってのねぇ、ゴールデンウィークなんてねぇ、タイトルにある通りなんだからね!

明日も明後日も、試験勉強です。

ほら、春の夜の夢っていうし。

この頃は疲れがまず目に来ます。なんか年寄りくさい話ですみませんね。ほら、のび太が眼鏡を取ると眼が「33」になるでしょ。あんな感じです、疲れ目。あっ今私の目33だわ、と思ったら、ちょっと高い目薬をさします。ドラッグストアの売り場に外箱しか置いてなくて、レジで商品引き換えるタイプの目薬です。なかなか効くので満足。ひとつだけ、この目薬は液が赤いのですが(珍しい)、私目薬をさすのがとても下手くそなので、しょっちゅう服やハンカチを汚すのが欠点です。目薬にあるまじき、ちょっぴりセンセーショナルな汚れ方をします。

 

そんな疲れ目をかかえた33歳(はからずも)が残業して自転車で帰る道すがら。春の夜風はまだひんやりしていて、甘ったるさのない気持ちのいい時期です。テラス席が盛況なおしゃれレストランの脇を通り、酔っていい気分のおじさんたちをすり抜けて、いつもの通り川沿いを走っていました。桜の時期の熱狂ぶりも落ち着いて、週明け早々の大川は人出も少なく…と思ったら、川の縁で抱き合う熱烈カップル発見。だいたい人前で熱烈な人たちにおしゃれな奴はおらん、と目を向けたところ、ぴったり抱き合った二人の身長が同じくらいで、妙に体格がよく、髪もどちらも短くて…。うーん? なんか、男同士のような。部活帰りのような大きなバッグが無造作に足元に置いてあって、なんだかそれも男っぽい。暗かったし自転車で通りすぎたので確証はないのですが、ただよう必死な感じ(できたてカップルから漂うタイプのやつ)も妙なリアリティ。実はベリーショートの女子と坊主の男性(どちらも柔道部かレスリング部に属している)かもしれないし、殴りあった後の男の友情かもしれません。でもまあ、いいじゃないの。男だろうが女だろうが。ハグする姿勢にてらいがなく、互いに夢中!て感じがすがすがしい。浮かれた桜の散ったあと、葉桜の時期というのも絶妙で、ぴったりくっついたシルエットを思い出しながら、彼ら?の来し方行く末に想像を膨らませてしまいました。

おかげで、「33」の眼が元の「00」にリセットされましたとさ。目薬よりも目に青葉。

三十路ギャグにて、失礼つかまつります。

最近のことあれこれ

これは一大スペクタクルだ、という夢を見ながら目覚めた土曜日。スリラーサスペンス調のストーリーに心臓がバクバクしており、なんかよくわかんないけどいけるんじゃないか、と思ってメモを取ったのですが、今あらためて見直すと「ポカリ」「前半の伏線が回収される」「追われて逃げてもそれが計算通りだった、逃げられない」という代物。寝ぼけて書いたとしか思えないメモかつ新手のダイイングメッセージのようです。実際寝ぼけてたんでしょうが、夢を見てる間はまるでハリウッド映画のようなのよねぇ。明け方の夢はいつも淡雪のように消えます。

年明けからこっち、欲張って難しい資格取得に挑んでいます。週末の朝がどうしてもどうしても起きられなくて、授業も遅れがちになってしまい、試験を4ヶ月前に控えて既にだいぶ焦ってます。あ、ちなみにわざわざ予備校行ってるんです。大事でしょ。

∴ブログの更新までいきつかない、毎日何曜日かよくわからない、夜の眠気がガチでやばい、というプチ錯乱状態になってます。毎日の家事もより簡略化できないか、試行錯誤中。料理は女子力ではなく運用力が重要であり、ファッションで大切なのは義務と権利のバランスではないかと、思いいたっております。料理は色々試して、週末の作りおきで1週間料理を作らない方法が確立できないか、引き続きトライアル中。服は数を減らしてだいぶ楽になりました。

それにしても、、この時間に死ぬほど眠い。自分が信じられません。年齢のせいではなく疲れのせいだと思いたい…

airClosetをやめた理由

ヤフトピでファッションレンタルサービスのことが話題になったせいか、ここ2、3日すごい勢いでairCloset関連の記事にアクセスが増えています。

すべて昨年書いたもので、実は私、サービスを利用してから3か月ほどでやめてしまっております。レビューに書いた通りサービスとしてはとても面白く、利用してよかったのですが、やめた理由もいくつかあります。今さらですが書いておくので、利用される方は併せてご参考まで。

まず一番には値上げされたこと。昨年の6月だったかな、数量限度なしのサービスが月額6800円から9800円に値上がって、割安感がなくなりました。元々10日(着用5日+返却発送5日)で1サイクルを回して3着×3回=9着を1か月で試着できる、というイメージで使用していたんですが、値上がりした月額で1着あたりの値段を割り戻すと、約1000円。うーん、1着1000円で約1週間借りるのって、高いのか安いのか。なんかせこい計算ですし、値上げ前だと1着750円になるので、それが割安かと言われるとよく分からなくなるのですけど…。元々月額9800円なら気にしなかったのでしょうが、要は値上がりによる印象、受け止め方の問題かもしれません。消費者心理とは難しいものです。

二つ目には、洗えないことがネックになる季節がやってきたこと。届いた服は洗わないで返すことがルールなのですが、これを洗えなくて汚いと捉えるのか、洗わなくて楽ちんと捉えるのかは、日頃の洗濯意識の高さによると思います。私はもちろん、洗濯しないでラッキー派だったのですが…さすがに汗ばむ季節を迎えて服の汚れが気になり始めました。特に梅雨の時期はトップスは1回くらいで洗いたいかなぁと。それに、冬服と違って夏服はリーズナブルで色・柄・形と冒険しやすいので、あえて借りる理由が少なくなってしまいました。

最後に、やり取りが少し面倒になったこと。とにかく面倒くさがりで、残念ながらおしゃれよりも手間を惜しむ人間です。ウェブで感想を入れたりするのが徐々に億劫になってしまいました。最初は楽しかったんですが、ウェブサイトにアクセスして、ログインして、感想を入れて…という作業、たぶん3回目くらいで脱落。感想や意見を言わなくても次が届くのですが、面白いもので、だんだん好みからズレてくるんです。たぶん私からのヒントが少ないから、無難なトレンドの服や、これまでの傾向に近いものを選んでくれるからだと思います。その結果、選んでもらった服にも飽きてきてしまい…という悪循環でした。スタイリストさんとのコミュニケーションは大切ですねぇ。そういうのが好きな人、楽しめる人には自分好みにアレンジできて満足できると思います。

以上が私の「airClosetをやめた理由」。翻すと、もう一回借りてもいいかなと思える条件として、まず「1か月あたりの借りられる服が多くなること」。発送&クリーニング費が売り上げとバーターになっているはずなので、例えば、1か月1回だけ、7着を発送する。ファッション誌の「外資系OL○○の1週間コーディネート♡」(大体最後はプレゼンが成功して彼氏もできるやつ)が成立するイメージです。主力7~10着くらいで回してますよね、あれ。あるいは、1回あたり3着なんだけど、中3日で届く。これは金夜発送→日曜着荷でオンタイムを借りたままでいられるというパターン。服の回し方としては便利です。

2つ目の洗濯可否問題はある程度仕方ない気がするので、夏場は一部「洗濯可アイテム」というのを別途用意して家で洗ってもよしとする、とかがあればいいかもしれません。そもそも夏はお休みして、服が減る秋冬だけサービスを利用するのもありだなと思いました。最後の「感想やコーディネートの投稿を楽に」については、アプリ化やLINE対応とかしてもらえるといいですよね。特にコーディネートの投稿はスマホファーストの仕様でないと私のような人間はまず投稿しません。先ほど検索したところ、どうもまだアプリなどで対応はされていないようです。

 

以上長々書き綴ってしまい、また繰り返しになってしまいますが、これらが問題にならない人にはとても楽しいサービスだと思います。やめてしまった私には、また別のファッション問題が持ち上がるのですが…長すぎるので別記事にします。こちらの方が個人的にまとめておきたい、30代ファッションデトックス。というか、実録・三十路のファッション迷子。つらい。

ぼくは自己紹介ができない。

婚活サイトで、スマホ婚活を始めてみました。最近夜中にふと目が覚めて、暗闇のなかで思ったんです。あっ、なんかこのまま一生一人で寝てるのはやだなぁと。爆睡体質のはずなのに…無意識の危機感か。

で、職場の先輩が教えてくれた大手サイトに登録。なんでも先輩(女性)は、そのサイトで彼氏と知り合い、もう入籍間近とのこと。知り合いじゃなければサクラとしか思えない発言です。いやー、身近にあるんだなぁそんな話!と食堂で大いに盛り上がり、先人に続くことにしました。実話を聞くと偏見も減りますし。

登録した大手サイトは顔を晒さなくてよく、無料で始められるものです。Facebookの知り合いを避ける機能はたぶんなし。知り合いに見つけられたら嫌ですが、ニックネーム・居住している市町村・自己紹介文までならまぁどうにかなるだろうと。見つかったら潔く認めます。ええそうよ、私婚活に必死ですが何か!

さて、登録したら一番悩ましいのが自己紹介です。年齢、居住地、仕事や年収を足切りのための定量的情報としたら、自己紹介は定性的であり情緒的であり、写真がなければ実質ここで人となりを判断されるんじゃないかと思われます。自己アピールするのも恥ずかしいし、かわいこぶるのもキャラじゃないし、何も書かないのも大人げないし。これまで、こういう自意識を問われる領域が苦手すぎて自らを貶める自虐ネタで切り抜けてきましたが、婚活サイトにおいてはそんな島崎和歌子的特性が素敵な出会いの邪魔をしかねない(島崎さん好きですよ、念のため)。だから結婚できなかったんだなぁ、という納得感が押し寄せますが、一旦無視。

まずは事実だ、事実にまさる真実なし、ととりあえずフラットにファクトを並べてみたところ、まぁ響かない。スペック(おそらく居住地と年齢)で判断したであろうかなり年配の男性陣しか興味を持ってくれない(誰が興味を持ったかが分かる仕組みになってます。さすが某SNS運営)。さすがにまずい。早速やめたい。

そもそも、男性に向けて自らの女性としての魅力を発信せねばならん、と思うからハードルが上がるのです。そんなことはしたことがないし、分からんから未だにこんな感じなんだろうよ!と逆ギレしたい。このままだと何かを捨てて恥ずかしいし例文に則るか、中学男子のように無愛想なアピール文を作るかしかないので、考えを切り替えることにしました。自分を美化したり隠したりする作業ではなく、自分で勝手にパーソナリティを棚下ろしするよい機会である、と。あくまで、自分について思っていることを素直に書く。片寄ったものになるだろうけど、人の目は意識しない。男性から見て、女性として、という前提を捨てる。それでようやくいつものブログのノリで書くことができました。加えて、誤解を与えそうな表現を2、3度見直して完成に至っております。

ちなみに見直したのは「中身がおっさん」「お酒はイケる」「ガラパゴス諸島に行きたい」「寄る年波に負けないよう運動を始めた」の4本立てです。いずれも自らのパーソナリティや暮らしぶりを象徴するよいネタなのですが、削除。まず、中身がおっさんなのは知る人ぞ知るところですが、せめて見た目はおっさんではないことは主張したい。それにいずればれるので伏せておいてよし。お酒については他の人が「付き合い程度」と書いている中、無駄に主張することで相対的酒豪ポジションをとらないよう配慮。ガラパゴス諸島には行きたい。行きたいけど初対面の人に熱く語れるほど行きたいわけじゃない。寄る年波は事実だけど書く必要なし。たぶんジム通いしてる同い年以上の人の目的全部それだから。

こうして多少体裁を整えて、ジャングルで罠を構える人のような気持ちでしばらく待ちました。ちょこちょこ近い年齢の人も見てくれてるようで、何らか進展があるやもしれません。

結婚において、「面白そう」に反応するアンテナを立ててしまうのは危険です。何かに書いてありましたし私もそう思います。自虐方向にアピールしがちなわたしは、さらに相手選びを面白そう基準で見てしまう癖があるので、ここはひとつ冷静に、ストライクを狙いたいところです。…なんですが、自己アピール文でマイブームの柔軟剤について語っている人と、名前が某ポータルサイト(GじゃなくてYの方)になってる人が面白すぎて気になります。落ち着け自分。

また、気が向いたら状況報告しますね。