最近夢を見ないのは

夢と言っても、いつかあれをやろう的な夢ではなく、夜寝ている間に受動的に見る方の夢の話です。

私は昔から寝ればほとんど夢を見ます。カラーなので、モノクロの夢に憧れました。そんな風に世の中を見たことがないから、一回モノクロで見てみたい。どうも最近昭和歌謡?率が高くて申し訳ないですが、さっきハナレグミがカバーしてる「接吻」(元はオリジナルラブかな)が流れていて、「やけに色のない夢を見る」っていう歌詞が印象に残りました。現実の鮮やかさとの対比がいい。でもそういや最近、モノクロどころかどんな夢を見たか全然覚えてないなぁと思い、夢に思いを巡らせた次第です。土曜日の、暇な子の夜って感じでしょ。

私が見る夢は大概どれも鮮やかな映像で、ドキドキしたりハラハラしたり、激しい感情をかきたてるお話になっていて、物理法則を無視するから一大スペクタクルです。あるときは、小学校の長い廊下を電車で疾走して、端っこの壁を突き破った勢いのまま空へ飛びだして夜空へ。銀河鉄道の夜の影響が色濃いですね。(ちょっと脱線しますが、あの話に出てくるとある停車場だったか、水が透明すぎて手を浸さないと水があることもわからないくらい透明度の高い川の話がとても好きで、綺麗な川を見ると思い出します。)あるときは、特殊戦闘員として潜入したイスラエル(あたり)の秘密基地の小部屋がそのまま宇宙へ発射されてしまい(宇宙好きですね)、空気がなくなって、隕石もぶつかって、大ピンチ。無重力空間にうかぶ隕石に穿たれた同僚の屍がゆっくりとこっちを向く、、はい、ゼログラビティですね。まんまですね。どうやら怖くて印象に残ったようです。そしてあるときは、女剣士に扮してRPGを地でいくダンジョン攻略。中盤で敵に攻められ討ち死にを覚悟。自分がかけてるスカウター的な眼鏡の左上に自身のHPが表示される仕組みになっていて、その数値どんどん減っていき、あ、ゼロになった、と思ったらブラックアウト。フィクション感満載ですが死の疑似体験として印象に残ってます。それに近いのが事故にあって手術をする夢で、意識を失って病院で目を覚ましたときに、周囲の反応がおかしい。私の顔を見ようとしない。どうも事故で私の首がとんだらしく(アンパンマンのように。何事だ)、とっさに“違う顔”をつけたことを言い出しにくくて遠慮してたらしい。顔が変わったなんたさすがに私もショックだけれど、せっかく生きているのだし、周囲の親や友達を心配させたくなくて、空元気を出して鏡を覗くと…全く知らない女の子の顔。朝日がたくさん入る明るくて清潔な病室で、健康的だけどとくに美人でもない、新しい私の顔。これはちょっとぞっとして起きました。自分の顔なんて、と思いつつ愛着をもって拘っていることを再認識。一方、全く動きのない夢では、ただひたすら航海をする船の上にて、凪いだ海と船の舳先がゆらゆら揺れる映像がずっと続くというもの。これはたぶんその時読んでたゲド戦記(二巻)で長い航海シーンがあったからで、途中で読むのをやめて寝たから、律儀にずっとそのシーンで停まってたんだと思います。芝居の中休みみたいだな。

あの、以上でオチはなくネタは尽きたのですが。こういうスペクタクルな夢を最近見なくなったのは、日々に終われて現実の方がビビッドなのかもしれない、と思いました。昔はとにかく起きたくなくて、ずっと寝ていたい、毎日つまらないと思っていたから、よいことかもしれません。が、夢は夢で面白いので、ちょっと残念です。

広告を非表示にする