ひとり暮らしの献立1週間:ビールが飲みたくて餃子を作る、5/15週

f:id:ryoko-m:20160515230937j:plain

暑くなってきましたね!大阪は今週末大そう暑うございました。それにともなって、晩酌時のビールの飲みごたえが夏仕様に変化。改めて季節を感じます。舌ではなく喉で味わう感じ。液体が体に流れ込むもっと手前で染み込む感じ。350ml缶がちょっと少ないと思ってしまう感じ。そうして、軽く酔っ払いつつ、こうやって何も変わらないまま何度も同じ夏が巡ってくることに、呆然としてしまいます。

さて、ビールに一番合う食べ物は餃子であると信じる私は、ビールの季節到来を祝うために餃子を大量生産することとしました。時折無性に食べたくなるので、餃子は作りなれたおかずのひとつです。肉と野菜と炭水化物が一気にとれるし、ビールだけでなくごはんにも合うという。ああパーフェクト。惜しむらくは具材のキャベツ(もしくは白菜)を刻むのがとっても面倒くさいということですが、餃子さんのためならエンヤコラと気合を入れました。

得意料理というのは自分のためにも作るし、誰かのためにも作ります。餃子はみじん切りにしたりタネを包んだり、無心になれる作業が多いので、色々と思い出すことも多い。ただただひとりで作った餃子の合間に、誰かと一緒の楽しい思い出とちょっと悲しい思い出が入り混じる、私的“ひとり暮らしの味”です。

あ、あと今週は蒸しナス大活躍、というのも裏テーマですよ。

5/15~21の献立予定

  • 日:(昼)冷やし中華
  •   (夜)餃子、蒸しナス×生姜醤油、ビール、(ごはん、トマトと卵のスープ)
  • 月:トマトと卵のスープ、のにゅうめん、コールスローもどきサラダ(スープを温めてそうめん1把を投入して茹でる/みじん切りキャベツにハムを混ぜてマヨネーズをかける) 
  • ごはん、豚肉とナスの炒め物、インスタントスープ(豚バラ・蒸しナス・玉ねぎを炒めて味つけする/ごはんをチンする/スープに湯を入れる)
  • 水:豚肉とキャベツの蒸したの、なすとキュウリのピリ辛和え物、白ワイン(豚肉とキャベツを重ねて蒸す/ナスに味をつける)
  • 木:カレーうどん、ナス残り(解凍しておいたカレーを伸ばしながら温める→あげを入れる→冷凍うどんをいれる/ナスが残ってたら味付け)
  • チルドピザ、ワイン(…ピザをトースターで焼く)
  • 土(昼)チャーハン(玉ねぎと卵)、インスタントスープ(具材を炒めてチャーハンを作る/湯を沸かしてスープを作る)

【献立メモ】

餃子のレシピは毎回変えています、というとプロっぽいですが定番を決めていないのでその時々で検索したりレシピ本を見て作ります。今回は暮しの手帖74号(2015年早春号)が大・大活躍。「秘伝の餃子」なるレシピを前面に参考にしたのと、同じ号に掲載されていた作り置きおかずの「蒸しナス」レシピを全面導入。持つべきものは親とバックナンバーですね。

餃子にカレーにピザと、男子大学生か若手サラリーマンのような献立になってしまっていますが、足りない野菜は社食の昼食で補っております、悪しからず(これも男子大学生みたいですね)。

【今週の反省・5/22追記】

トラブル対応でなかなかハードな一週間。最近のピザってチルドでも美味しいですね。疲れた水曜日に前倒しました。お疲れさんの金曜は家で食べる気がしなくて外食。美味しかったけど、家の方が寛げるなぁと思うのはよいことなんでしょうか悪いことなんでしょうか。しかし、またカレーを食べず終いだった。冷凍とはいえ、早く食べないと。

日曜日の下準備・調理

【材料】

  • 家にあったもの:玉子(3個)、冷凍カレー(1食分)、冷凍刻みあげ(適量)、冷やし中華(残りの1食)、そうめん1把、各種調味料
  • 購入したもの:豚ミンチ肉(100g)、豚バラ肉(200g)、豚肩ロース肉(200g)、玉ねぎ(1個)、ナス6本、キュウリ1本、トマト1個、キャベツ1/2、餃子の皮(大判)、ハム1パック

【下準備&調理】

①朝の準備

  • ナスを蒸す:ナスはヘタとお尻の部分をカットし、2個ずつラップにくるんで600Wで3分チンする。粗熱が取れるまで放置し、皿2枚で上から押さえて水切り後手で食べやすいサイズに割く。できたものはタッパーに入れて保存(冷蔵庫で4~5日程度持つそうです)。
  • 野菜を切る:キュウリは半分を細切り(冷やし中華)、残りを乱切り(和え物)。トマトは1/4を薄切り(冷やし中華)、残りを適当に(スープ用)。玉ねぎは1/4をくし切り(炒め物用)、1/4をみじん切りに(スープ用)。キャベツは3/4をみじん切り(大変…)、残りを一口大に(蒸し物用)。今日使わないものをすべて冷蔵庫に保存。
  • 肉類を切る:ハム2枚を細切り(冷やし中華用)、残り3枚を細かく切る(コールスロー用)。豚バラ肉と豚肩ロースはパックから出してラップに平たく包んで冷凍庫へ。
  • 冷やし中華を作る:麺を茹でて、キュウリ・ハム・トマトと一緒に盛る。

 

②夜の準備

  • 餃子を作る:キャベツに塩を振ってしばしおく。豚ひき肉に水大さじを入れてひたすら練る。白っぽくなったら日本酒・ごま油各大1、醤油・オイスターソース各小1を入れて再度練りまくる、水を絞ったキャベツをいれてさくっと練る。ボウル内でならして、スプーンで線を入れ、それぞれ皮につつんでいく(例えば皮が24枚なら8分割して、1部分で3つ包める…はずなんだけど、まさかの皮が20枚という根本的ミス…!それだけでなくても必ず余るのに…)→今日食べたい分だけ焼いて、残りはくっつかないように気を付けつつジップロックに入れて冷凍。
  • スープを作る:400mlの水に鶏ガラスープを入れ、玉ねぎを加えて煮込む。煮立ったらトマトを入れ、柔らかくなったら適当につぶす。卵を溶いて入れる。※結局餃子でお腹いっぱいになってしまい、翌日まとめて飲むことに(なってしまったので、にゅうめんにする)。
  • ナスを和える:ナスを盛って生姜醤油をかける。

世の中の人は餃子のタネが余ったらどうしてるんでしょうか。私はとりあえずラップで包んで冷凍しました。うーん。とりあえず後で検索しよう。みじん切りのキャベツも余ってしまったので、これはサラダにすればいいかと。

日曜は午後から出かける予定だったので、午前中に準備、帰ってきて料理、としたのでトータル3時間半くらいでしょうか。ちょっと頑張って疲れました…でも頑張った分、熱々餃子とビールでいけてる晩ごはんになりました。ぷはー。

広告を非表示にする